プレイヤーの「お買い物」ならココがおすすめです ホルダーサックスの通販が激安価格っ~!

首の痛みに悩まされて購入しました。特にマーチングをされている方には、集中して演奏していただけると思います。長時間吹いていても!肩や指が痛くなることはありません。

これっ!

2018年01月06日 ランキング上位商品↑

サックス ホルダー プレイヤー【新品】【噂のストラップ】【SaxHolder】【サックスホルダー】【Sax Strap】【幅広いプレイヤーに対応】【Jazzlab】【ジャズラブ】

詳しくはこちら b y 楽 天

立っても座っても問題ありません。ところが講師の方からサックスホルダーを紹介され即購入!当然ながら首には全く負担がかからず目から鱗という感じです。まぁ!くどくどと書きましたが!総合的に(価格も)考えて!私はこれは「買い」だと思います。私はどちらかというとアクションは少ない方です(ジャズが5、ポピュラーが3、クラシックが2ぐらいの割合で演奏しています)ので、普通に演奏している分には全く問題はありません。バリトンサックスでの利用ですが、ストラップの肩に当たる部分が硬くて肩に食い込み痛いので肩に当たる部分に布を巻いて利用しています。肩のバーもシャツの襟の下に、お腹の部分もシャツの下に入れれば、見えなくなり、コンサートでも問題なさそうです。練習ではサックスホルダー、発表会では通常のネックホルダー、といった使い分けが必要だと思われます。オススメします!浮いてる感じで首への圧迫感が全くありませんでした。これだとすぐに買ったのが当たった感じで!買って正解でした。この素材でこの価格とは驚きです。不思議といえば!何人かの方もおっしゃっていますが音も確実に良くなります。ストラップと違って!首の周りでなく肩に加重が掛かるためサックスがすごく軽く感じられます。今までいろいろ使ってましたが やっと首こりから解放されそうです。肩こりがなくなり、とても楽になりましたが、少し動きにくいです。最初は少し違和感がありますが、すぐに慣れ、今は大変重宝しております。首に重さが掛からず、肩にうまくフィットするように鉄のバーを曲げて調整することで、重さをほとんど感じることなく、楽に運指でき、痛かった右親指の痛みも薄れてきました。写真を見るだけではちょっと不安な気もしていましたが、実際はとても丈夫なもので、肩にかけると安定してとても使いやすいです。(これは息を吹き込む角度が微妙に変わったことによるのかもしれませんけど。私は自宅でのみ使っています。当然ですが下を向いた時には脱落するので、それだけ気をつければOKです。もっと早く出会いたかった一品です。頸椎ヘルニアを持っている私にとって!最高のストラップです。これも一度調整すれば済むことですので!それほど問題にはならないと思いますが!あと5ミリとかの微調整をしようとすると結構苦労します。楽器の角度が安定する分!音程も安定します。サックスを40年も吹いていますと、首や肩が凝りまくってガチガチなのですが、これは良いですよ。両肩とお腹の3点支持になりますので、これまで首に感じていたサックスの重みから解放されると言ったら良いでしょうか。これをレッスンを受けている楽器店で見せたら、そこの店員もこれの楽なこと、売っていること(今品切れ)言ってました。アラフォー独身。でも、この噂のストラップは全然疲れません。主にテナーのときに使おうと思います。それ以外は特に不満はありませんでした。したがって!これじゃ本番では使えないと思う人もいるかもしれません。ファゴットのストラップとして使っています。また腹部にも支えが当たるためサックスが不安定になることもなく!ホルダーに重さを全て預けてしまえます。。それ以降ストラップを取り替え再発はしていませんが不安な状態でレッスンを続けていました。)と良いことづくめのようですが!あえて欠点というと!演奏中!大きなアクションをするとホルダーが肩から外れることがあります。なおコードを短くする場合は!ライターなどで切り口を炙って下さい。いわゆるストラップと違って首にかけるのでなく肩に引っかける形です。サックスを習い始めてしばらくして手が痺れだし整形外科で軽度の腰椎ヘルニアと診断され1年間リハビリをしました。首の負担はほとんど無くなったのですが、やはり肩からずり落ちるという不安があります。(私はそれでも本番で使いますけど。材質は商品説明にあるように、非常に高品位で丈夫な素材でできています。いままで、いろんなストラップを試してみましたが、やはり首が疲れる。 これは!サックス奏者には絶対おすすめです。クリスマスプレゼントを自分に贈りました。みなさん同様な感想を書かれていますが、サックス(アルト)が宙に浮いていて、それを吹いているという感覚になります。肩凝りのときに使うマッサージャーのような力のかかり方で!調節をせずにポイントがはずれているとかえって疲れますが!うまく形状を調節してツボに当てていればサックスを吹きながらツボ押しもできます。そのため右手の親指も楽になりました。私はまだ練習でしか使ってませんが!肩の後ろ部分もすべり止めのゴムが付いているので!90度くらい身体を前に傾けても落ちることはありません。でもイシバシより2千円ほど高かったようです。ただ折りたたんでもやや大きいため!余り携帯には適さないように思えます。もともと肩こりは無縁なのですが!演奏が終わると首周りが張っていることが多くつらい思いをしておりました。しかしながら!このストラップに変えてから!少なくとも首周りの張りがなくなると共に!指圧効果もあるのか肩が軽くなりました。サックスは30年以上吹いていますが、いままでこのような発想のストラップ(ホルダー)が世の中になかったのが不思議なくらいです。それから「見た目」の問題ですが、家内に聞いたら、普通の首にかけるストラップと見た目は変わらない、と言っていましたので、本人が感じるほど傍から見て違和感はないように思います。具体的には!低音の響きが豊かになりますし!私の楽器(Selmer A-80 Serie II GPネック)のクセだとずっと思っていたのですが!上のD(実音のF)が特にレガートで吹いたときにひっくり返ることがしばしばありましたが!このストラップに替えてからそのクセは全くなくなり!上のDを吹くときに気を遣う必要がなくなりました。届いたその日に使用してみました。長時間の演奏が苦にならなくなりました。 とってもつかいやすいです。今までの首の苦痛から開放されました。あまり重さを感じないので、練習時間が長くても疲れません。)ついでにもう一つ欠点をいうと、ストラップの長さ調整はしやすい方ではありません。またホルダー自体も非常に軽量です。でも例えば、ステージ上でミキサーの調整をしようとしてしゃがみこんだんだり、譜面台の高さを変えようとして上半身を倒したりすると、肩から外れることがあります。ほつれずに済みます。お店で一度試してみる価値はあるかと思います。サックス自体が「宙に浮いている」ので!従来のストラップに比較して!自分(演奏者)の体と楽器の接触部分が極めて少なくなり!結果的に楽器が良く鳴るのだと思います。首に負担がかからないので助かります。テナーサックスってこんなに軽かった?って感じです。サックスが重くなってくる。